スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペッシ・カショーロ

 頭骨博物館
Ju-Arts-s.jpg

ペッシ・カショーロ

jaccach-01.jpg
ペッシ・カショーロの生体(シングー河の90センチ)

jaccach-02.jpg
ペッシ・カショーロ頭蓋骨

ポルトガル語のペッシ・カショーロ(peixe cachorro)とは、「ペッシ(魚)+カショーロ(犬)」である。直訳すると犬の魚となるが、犬歯をもった魚の意味合いである。スペイン語圏では、パヤラ(payara)と呼ばれている。

ペッシ・カショーロは、カラシン目(もく)、キノドン科のハイドロリックス属に分類されている。いわゆるサーモン型の体型を持つ。最も特徴的なのは、突き出した下顎の先端にある大牙である。もちろん餌物の小魚にダメージを与えるのが機能である。テラ(地球)の地質時代的な過去には、このように牙を異常に発達させたプレデーター(捕食者)がいた。その代表は、アイス・エイジ(氷河時代)のサーベル・タイガーである。

jaccach-03.jpg
サーベル・タイガー頭骨

現時点でのIGFA(国際釣り協会)の認定するオール・タックルでの記録は、ヴェネズエラのウライア川で1996年2月に釣られた、17.8Kgである。

ペッシ・カショーロ・頭蓋骨・写真館

jaccach-04.jpg
側面観

jaccach-05.jpg
上面観

jaccach-06.jpg
下面観

jaccach-07.jpg
前面観

jaccach-08.jpg
大牙の形状

ご覧のように、たいへんジュラッシックなイメージを持った頭骨だ。すべての歯は牙状に尖っている。食性は、完全フィッシュ・イーターである。

シングー河には、ペッシ・カショーロの数が少なくない。ルアー・フィッシングの好対象魚の一つ。増水期が、大物シーズンである。ワールド・レコードに近いサイズもいる。かなり遊泳力が強いので、急流~激流によく適応している。特に大きな激流の落ち口の渦巻く淵を好んで居着いている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: お尋ねしたい事が。。。

> 魚の頭蓋骨はご自分で製作なさったのですか?
>
> よろければ作り方を教えていただけませんか?

ようすけさま

メールでも何件か同じような質問がありました。

FC2ブログ他ページを読んでいただくと判りますが、もちろん自分でハンドメイドしています。製作方法も大まかなことを記してあります。魚類骨標本の作り方は、いくつかのサイトにも載っているようです。爬虫類ペット屋で手にはいるゴミダマ(ゴミムシダマシ)の幼虫、いわゆるミールワームに肉を食わせるって方法が一般的なようですね。私はアマゾン辺境居住なのでミールワームを売ってる店はありません(笑)。ですから、煮て⇒肉除去⇒漂白剤などで脂抜き⇒乾燥⇒接着剤で組み立て、が手順です。コツは、数をこなすこと。こんな感じです。
プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。