スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラードの研究(2)

ドラードの研究(2)


サウス・アメリカン・サーモン
dourado_R.jpg

アメリカで出版されている熱帯魚図鑑などでは、サルミヌス族(ドラード類)の俗称として、サウス・アメリカン・サーモンという言葉を充てています。イメージ的には、悪くありません。しかし、生物分類に興味のない釣り人を混乱に導いたことも確かです。
 『ドラードってサケ科でしょ。アブラビレがあるもん・・・』というお言葉を、日本の某釣り雑誌の記者から頂いたことがあります。熱帯魚好きの方なら、噴飯もののお笑いですよね。グランデ・オガワももう何十回と雑誌などに書きましたが、『ドラードは、ピラニアと同じカラシンの仲間です』ってのが正解です。カラシンってのが何モノか分らないヒトは、サイトで検索をかけて勉強してください。これは南米で釣りをしたいヒトにとって、最低限の知識だと思いますよ。

第3のドラード(ヒラリー・ドラード)

サンフランシスコ・ドラード(サルミヌス・フランシスカヌス)とラ・プラタ・ドラード(サルミヌス・マキシロッサス)の2種を紹介しましたので、第3の種類に進みましょう。ヒラリー・ドラード(サルミヌス・ヒラリー)です。ブラジルでは、タバラーナと呼ばれています。
本種の生息地は、けっこう広範囲ですが、どこでも数は多くありません。特に数キロ以上の大型は貴重です。分布は、サン・フランシスコ河、ラ・プラタ河の山岳渓流部(パンタナルにはいません)、そしてアマゾン水系の一部でもあるトカンチンス川の上流の渓流部です。

tbarana3_R.jpg

写真をご覧になって判るように、ヒラリー・ドラードは、サンフランシスコ・ドラードよりもさらに白っぽい魚体をしています。そして尾部の彩色がサンフランシスコ・ドラードよりさらに赤っぽくなるのも特徴です。なかなか格好いい魚です。昔は10キロ級もいたそうですが、現在では最大で数キロが目一杯でしょう。

グランデ・オガワは、南米最大の都市サン・パウロを流れる汚染で有名なチエテ川の上流(サレゾーポリスってとこ)で40センチ級を1尾、パラナ州のチバジー川で30センチ級を10数尾ほど釣ったことがあります。両河川ともにラ・プラタ水系の上流部です。

グランデ・オガワがブラジルに来てすぐのころ(1970年代後期)、リオ・デ・ジャネイロの自然博物館に行ったことがあります。そこで対面したのが、35センチほどのヒラリー・ドラードのアルコール標本でした。その標本はまるで太った尺上ヤマメそっくりに見えました。標本ラベルには、学名:Salminus hilarii、現地名:タバラナ、産地:チエテ川と記してありました。日本にいたときは野生トラウト派のフライマンだったせいもあったんで、この魚を釣りたいなぁ・・・という目標ができました。
チエテ川で始めて本種を釣ったとき(ルアーは、ラパラのシャッド)は、ウレしかったですね。積年の願いを叶えた!という感激がありました。

tabarana2_R.jpg

第4のドラード(アフィニス・ドラード)

サンフランシスコ・ドラード(サルミヌス・フランシスカヌス)とラ・プラタ・ドラード(サルミヌス・マキシロッサス)、ヒラリー・ドラード(サルミヌス・ヒラリー)に続く最後の種類が、アフィニス・ドラード(サルミヌス・アフィニス)です。
アフィニス・ドラードは、コロンビアのアンデス山脈を流れるマグダレーナ川で記載されたドラードの一種です。その後、アマゾン水系の一部(マデイラ河など)でも発見されています。
Saaff_u1_R.jpg
アフィニス・ドラードの特徴は、眼球の後方にはっきりした黒いラインが入ること。それゆえ、熱帯界では、アイシャドウ・ドラードとも呼ばれています。
afi03_R.jpg

afi04_R.jpg

グランデ・オガワは、ペルーのマドレ・デ・ディオス地方(アマゾン支流のマデイラ河水系の最上流部)で実物に出会っていますが、コロンビアのマグダレーナ水系(アンデス山中)には、10キロ級が潜むと言われています。そのうちにフライでやっつけたいですね。本種もなかなか格好がいいドラードです。

投網で採集したペルー・アマゾンのアフィニス・ドラード
salm_02_R.jpg

salm_03_R.jpg

『ドラードの研究』の結語

釣り人のあこがれ、南米に生息する『黄金の河のトラ』4種類について、各種解説をやってみました。貴兄&貴女の南米フィッシング、そしてドラード理解の一助となれば幸いです。

貴兄&貴女もグランデ・オガワとドラードを釣ろう!

★南米の河のトラ、ドラードを釣ってみたい貴兄&貴女、グランデ・オガワにお気軽にメールください。

★フィッシング・チームの隊員募集とメールは、下のサイトからお願いいたします。
アマゾン・フィッシング

次回記事の予告
piraputanga3_R.jpg

ドラードの次は、グランデ・オガワの大好きな魚族シルバー・ドラド(ブリコン類)をやる予定です。

















スポンサーサイト

ドラードの研究(1)

ドラードの研究
do-01.jpg


本編のドラードとは、南米の河川に生息する金色に輝く淡水魚のことです。
『南米の河のトラ』の異名をもつこの漁族は、分類的にいうとカラシン目(もく)、カラシン科(か)、ブリコン亜科(あか)、サルミヌス属(ぞく)に含まれます。サルミヌス属には、数種の魚が知られています。すなわち、ドラードといっても1種類ではありません。
つい最近。2007年になって新種のドラードが記載されました。
 新種と言っても、新発見ではありません。昔は同一種だと思われていたのが、研究してみたら別種でした・・・ というお話です。

新種のドラード

サルミヌス・フランシスカヌス(サンフランシスコ・ドラード)
do-02.jpg

上写真は、サルミヌス・フランシスカヌスのホロタイプ(学名記載の根拠となるもっとも重要な標本)

新種のサルミヌス・フランシスカヌスの生息地は、ブラジルで3番目(アマゾン、ラ・プラタに次いで)に大きなサン・フランシスコ河(Rio Sao Francisco)の特産種です。同河川は、時期によってたいへん水が澄んでいて、キモチのいい釣り場です。

2007年の記載論文は、これです。
Neotrop. ichthyol. vol.5 no.3 Porto Alegre July/Sept. 2007
Salminus franciscanus, a new species from the rio São Francisco basin, Brazil (Ostariophysi: Characiformes: Characidae) Flávio C. T. Lima; Heraldo A. Britski


サン・フランシスコ河の流域
do-03.jpg


大型になるサルミヌス属の2種

サルミヌス族、すなわちドラード類は、数種類いることを前述しましたが、その中で20キロ以上の重量級に成長できるのは、2種類だと思われます。一つは、新種記載されたサンフランシスコ・ドラード。もう一つは、古くからよく知られている『ラ・プラタの河のトラ』であるラ・プラタ・ドラード(サルミヌス・マキシロッサス)です。前者は、最大で25キロくらい、後者は35キロくらいの記録があります。ちなみにドラードでは10キロを超えるような個体は、すべてがメスです。オスで5キロを超えることは滅多にありません。

do-04.jpg
サン・フランシスコ河のサルミヌス・フランシスカヌスの12キロ
do-05.jpg
ピキリ川のサルミヌス・マキシロッサス

両虎の違いは……

上の2枚の写真を比べてみると、同じくらいのサイズだと、前者(サンフランシスコ・ドラード)は後者(ラ・プラタ・ドラード)より白っぽいのがお判りでしょう。尾ビレの赤は、前者のほうが、より鮮血色です。
頭部の形では、前者のほうがいくぶん吻部が尖っています。その他、歯並び、側線などにも違いがあるのですが、専門的すぎますから、ここでは割愛しましょう。
do-06.jpg
サンフランシコ・ドラードの超大型

サンフランシスコ・ドラードも超大型になると黄色が強くなる傾向があります(写真)。

日本のヘミングウェイとドラード

ドラードという南米魚が日本の釣り界で認知されるようになったのは、1978年に上梓された開高健の『オーパ』以降のことでしょう。いろいろな意見がありますけれど、グランデ・オガワは、開高健の釣りエッセイの最高傑作は、『オーパ』だと思っています。
do-06a.jpg


何かの事情があって
野外へ出られない人、
海外へいけない人、
鳥獣虫魚の話の好きな人、
人間や議論に絶望した人、
雨の日の釣師・・・・
すべて
書斎にいるときの
私に似た人たちのために。


という出だしに魅了されてしまったヒトは少なくないでしょう。

ドラードは、こんな感じでしたね・・・

いつごろからか
南米のどこかの河川にドラドという魚が棲んでいるのを知るようになった。
この魚、現地では『河のトラ』と呼ばれる。


『オーパ』を読んで、南米に行ってドラードを釣りたい! と、夢みるヒトがたくさん現れたのは間違いありません。それほど開高さんの文章は巧みだったんですね。
ちなみに、ダイワの看板男:村越正海さんもその一人でした(と本人が言ってました)。

do-08a.jpg
村越正海さんとドラード
写真は、2004年10月上旬に行われた、『ザ・フィッシング』のブラジルロケ中のもの。現地コーディネーターは、もちろんが無論スゴ腕ガイドのグランデ・オガワ(笑)。番組のお題は・・・

アングラ-ズ・ドリーム ~ 黄金の魚ドラドを追う ~
~ ブラジル・パンタナール湿原ピキリ川 ~


でした。ピキリ川は、グランデ・オガワのホーム・グラウンドの一つです。

ピキリ川は、ブラジル中西部のマット・グロッソ州と南マット・グロッソ州の境界辺りを流れる中型(幅数十メートル前後)の川です。世界最大の湿地帯といわれるパンタナルの中でもかなりの辺境。すなわちアプローチが遠い。だから魚影が濃い。野生動物もウジャウジャいる。パンタナルの野生動物については、その内このブログに別章を設けて書くつもりです。
プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。