スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングー河とは?

シングー河(Rio Xingu)は、大いなる大河アマゾン(Rio Amazonas)の巨大な支流の一つである。南米大陸の中央部の台地に源を発し、南下して本流に合流する。

fcftx-01.jpg
雄大なシングー河

★各解説は、下からリンクしてください。

1.地理&地勢
2.その探険史
3.野生の動植物
4.インディオ&博物
5.釣り猛魚
6.シングー・タックル
7.釣りのメソッド
8.熱帯魚
9.シングー・アート
10.ベロ・モンチ・ダムについて
11.シングー河までの道程

12.ロッジ

★シングー河・フィッシング・チーム
★シングー河・インペと泳ぐ・チーム
スポンサーサイト

シングー河畔のロッジ

シングー・フィッシング・チームでは、河畔のロッジを利用する。アルタミラの上流、支流のイリリ川合流の下流に位置している。アルタミラから陸路あるいはボートで3~4時間くらいの距離にある。
fcftx-90.jpg
ロッジの位置

fcftx-91.jpg
衛星写真での位置

fcftx-91a.jpg
ロッジ位置の拡大

ロッジの前にはサルバテーハ島(緑色)がある。ピンク色は岩場。★がロッジ位置。★は、増水期に激流になる。

fcftx-92.jpg
ロッジの庭からの景観パノラマ(増水期)

青矢印が増水期の急流の位置、番号は釣りポイント。

fcftx-93.jpg
乾期のロッジ前は岩場になる

fcftx-94.jpg
ロッジ側のパノラマ

fcftx-94a.jpg
ロッジの客室ハウス

fcftx-95.jpg裏の丘陵からのふかん(増水期)

fcftx-96.jpg
増水期にロッジ前で釣ったペッシ・カショーロ

ロッジは、電気(110V)がある(たまに停電する)ので、カメラなどのバッテリー・チャージ可能。

各部屋には、ベッド(蚊帳つき)、扇風機がある。

fcftx-97.jpg
蚊帳があるので安眠できる

fcftx-98.jpg
ロッジの朝食は、自家製チーズが美味しい

食事は、ブラジル式。自分で釣った魚も料理してもらえる。冷えた清涼飲料&ビールも用意している(有料)。特別に好みの飲料などは、持参。

fcftx-99a.jpg
食事の例(ピラニア塩焼き、肉の煮込み、ライス、パスタなど)

fcftx-99b.jpg
料理の例(ピーコックバスのオーブン焼き)

fcftx-99c.jpg
料理の例(プレコのスープ)

シンプルだが、快適。ここをベースに猛魚をバコバコやっつける!

シングー河への道程

日本からシングー河に入るための方法をざっと記そう。

① まずパスポートを入手する。それからブラジルの観光査証(ビザ)を取得する。個人的にブラジル大使館あるいは領事館に申請もできるし、旅行代理店に頼むこともできる。

★必要なら、ブラジル専門の旅行代理店をご紹介します。

② 同時に航空チケットを手配し購入する。成田などの空港からブラジルへは、航空会社がブラジルに飛んでいる。ネットで検索が可能。フライト・タイムや料金は、時期によりけっこう変更がある。

★必要なら、ブラジル専門の旅行代理店をご紹介します。

③ 日本を発って、サンパウロ空港に到着した(ブラジルの到着都市は、だいたいサンパウロが多いので、それに沿って話を進める)。

④ 入国手続き、荷物受け取り、荷物検査を受けて、外に出る。国内便の搭乗窓口に行って、ベレン、あるいはマナウス行きの搭乗手続きをする。

⑤ ベレン空港、あるいはマナウス空港に到着したら、国内便の搭乗窓口に行って、アルタミラ行きの搭乗手続きをする。

ブラジル国内便チケットは、日本での手配も可能だが、割高のようだ。

★私に事前メール連絡していただければ、手配が可能です。


fcftx-88.jpg
アルタミラ空港

fcftx-89.jpg
アルタミラへの国内便


⑥ アルタミラに到着した。荷物を受け取って外に出れば、グランデ・オガワが出迎える。

★アルタミラからシングーへの旅程は、ご心配なく。グランデ・オガワがすべてコーディネイトいたします。バコバコと猛魚を釣ったり、潜ったり、たっぷり遊びましょう!

⑦ 帰路は、往路と逆の方法で日本に戻る。


ベロ・モンチ・ダム(シングー・ダム)について

広大な大地と豊富な淡水に恵まれたブラジルは、大型の水力発電ダムを数多く建設している。アマゾン地方には、現在2つの巨大ダムが稼動している。トカンチンス河のツクルイ・ダムは、2850平方キロ(東京都の約1.3倍)もの熱帯雨林を水没させた。次いで湖水面積が大きいのがアマゾナス州のウァトマン川のバルビーナス・ダムで、2360平方キロ の熱帯雨林を消し去った。世界の環境保護派からは、大きな批判を浴びている。

シングーの巨大ダム計画は、1980年に見取り図が作られた。当時の計画は、シングー河の最後の急峻に近いベラ・ヴィスタに巨大堰堤、ベロ・モンチ村付近に発電ダムを築くという構想で、水没する面積は1800平方キロ、パキサンバ族のインディオ村を始め、先住民保護地区のいくつかが水没するというものだった。

fcftx-80.jpg
旧シングー・ダム計画

1988年、カイヤポー族のリーダーのパウリーニョ・パイアカンらが、USAフロリダ大学で行われた熱帯林シンポジウムで、シングー・ダム湖工事の反対を訴えた。
1989年2月、シングー河畔のパラ州、アルタミラで「第一回シングー・インディオ集会」が開催された。インディオ界の大酋長ラオーニ・メトゥティレを始め、アイルトン・クレナック、パイアカンなどを代表とする約650人のインディオ、反対派の人たち、ジャーナリストなど3000人が集まった。イギリスのロック・シンガーのスティングもいた。一説だが、彼は先住民村でアマゾン秘薬を一発やって密林のスピリットたちとコンタクトし、熱帯雨林保護に傾倒したと伝えられている。
スティングはその後、ラオーニと共にアマゾンの自然危機を訴えるワールド・ツアーを始め、1989年5月には日本にもやって来た。そして、シングー・ダム工事に協力する予定だった世界銀行が融資を取りやめ、とりあえず計画は葬られた。

fcftx-81.jpg
スティングとラオーニ

現ブラジルの女性大統領ジルマは、発電ダム計画の推進派である。2010年に就任した新大統領は、早々に新ベロ・モンチ・ダム計画を進めた。過去に葬られた苦い経緯があったため、計画には新版が刷られた。

fcftx-82.jpg
新シングー・ダム計画

 新計画では、①のメイン堰堤(ピメンタル・ダム)をアルタミラ下流40km地点に建造し、山野を削り新しい水路を掘って水没させる(図のピンク部分)。そして②の発電専用ダム(ベロ・モンチ・ダム)に主要流水を送る。水漏れしてしまう部分③に調節の堰堤(ベラ・ヴィスタ・ダム)を作るという三段・変則型になっている。予定発電量は、11233メガワットとたいへん大きい。ブラジル・パラグァイ共同のイタイプー・ダムの発電量に僅かに劣るが、内国ダムではブラジル最大となる。新計画の工事は、海外の融資に頼らず自国でまかなう算段なので、政府は強気である。

fcftx-83.jpg
ベロ・モンチ・ダム完成予想イラスト

 新シングー・ダム計画にも当然、反対運動があがっている。その旗頭は、2009年の3D・SF映画で大ブレークしたアバターの監督ジェイムス・キャメロンである。

fcftx-84.jpg
アバターの一場面

ご覧になった方はお分かりと思うが、アバターは、アマゾン先住民と文明人の対立をイメージとしたストーリーになっている。キャメロンは、2010年4月に主演女優のシガニー・ウィーバーと、2011年3月に元USAカリフォルニア州知事アーノルド・シュワルツネーガーと一緒にアルタミラとインディオ村を訪れ、シングー巨大ダム計画に世界マスコミの眼を向けさせた。他にカトリック教会も反対の表明を挙げている。

fcftx-85.jpg
女優のシガニー・ウィーバーとキャメロン

fcftx-86.jpg
キャメロン、シュワルツネーガー、ラオーニ、シングー下流のインディオ村にて(写真提供:Xingu Vivo)

反対派のキャンペーンがどのように計画を動かすか未知数だが、現時点でベロ・モンチ・ダムは、2011年からすでに工事が着工されている。最も懸念されるのは、熱帯魚インペリアルゼブラプレコの野生群の存続である。ダムによる影響を強く受けるのは、水から逃げることのできない魚類に決まっているが、インペの天然の生息地は、アルタミラ下流からベロ・モンチまでにほぼ限られている。そのため、魚類の中でも本種が最も危機にさらされることは確実。絶滅の可能性もあると思われる。

fcftx-87.jpg
野生のインペリアルゼブラプレコ

2011年9月にブラジル連邦裁判所は、シングー・ダム工事中止を裁定したが、現場での工事は変わらず続いている。

シングー・スーベニール



フィッシュ・ヘッド・ボーン・アート(オガーズ・クラフト)

シングー河に生息する牙系・猛魚の組み立て頭骨。グランデ・オガワのハンド・メイド。アマゾン・パワーと生命の不思議を感じさせる。たいへんにエキゾチック。他では入手できない逸品インテリア。

fcftx-70.jpg
シングー・ブラック・ピラニア(長さ:12~15cm)

fcftx-71.jpg
ペッシ・カショーロ(長さ:15~25cm)

fcftx-72.jpg
ビックーダ(長さ:15~20cm)

パワー・アメチスト・ペンダント(オガーズ・クラフト)

fcftx-73.jpg
パワー・アメチスト・ペンダント

シングー河流域でグランデ・オガワが採集したアメチスト(紫水晶)結晶原石のペンダント・トップ。爆釣&安全釣行のアミュレット(お守り)。

コルビナ・ストーン・ペンダント(オガーズ・クラフト)

fcftx-74.jpg
神秘のコルビナ・ストーン、ペンダント・トップ(ペア)

コルビナ・ストーンについて

アスリニンの素焼き壷(ほんものインディオ・アート)

fcftx-75.jpg
アスリニン族

アスリニン族は、シングー河流域に居住する先住民族。彼らは、ボディ・ペインティングを好むアーチスト集団である。エキゾチックな図柄の素焼き壷を焼いている。

fcftx-76.jpg

fcftx-77.jpg

fcftx-78.jpg


★興味のあるかたに資料(在庫、サイズ、価格他)を送ります。メールで連絡ください。

メール・アドレス


grogbr2008★yahoo.co.jp

★の部分を@に変えて送信ください。迷惑メール対策です。
プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。