スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その22・・・新種の可能性のあるピーコックバス・1

イエロー・ピーコックバス系・グループ

pi-68.jpg
こんな模様のモノクルス(?)もいる

現時点で、モノクルスとされている種は、詳しく研究すればいくつかに別けられる可能性があるとグランデ・オガワは考えています。ブラジルでは、支流プルース河、ジュルア河やジャプラ河。ペルー、コロンビア、エクアドルなどのアマゾン支流の中上流などのものは、かなり怪しいです。

ジャイアンント・ピーコックバス系・グループ

ヴァゾレリー、ティロルス、ジャリイナの3種は、アマゾン北岸群のツクナレ・アスー系・グループで、連続した色彩の変異がありますが、ジャリイナのいるジャリ川の西に並行するパルー川のツクナレは、ヴァゾレリーとジャリイナをつなぐ新種であろうという釣り人の報告があります。

pi-69.jpg
パルー川のジャイアント・ピーコックバス

トロンベッタス川とパルー川の間には、カミナパネマ川やマイクル川などのかなり大きな河川がありますが、ここにも新種がいる可能性があるでしょう。
さらにブラジル最北端ロライマ州、ネグロ河支流ブランコ川水系のウラリコエイラ川の一部に、ヴァゾレリー・ジャリイナ系統のツクナレがいることを釣り人が報告しています。

pi-70.jpg
ウラリコエイラ川のジャイアント・ピーコックバス

まだ報告はありませんが、ツクナレ・アスー系・グループは、ネグロ河の西にあるアマゾン北岸の河川にもいる可能性があるでしょう。
アマゾン南岸のテメンシスとピニーマは、今後いくつかに別けられる可能性がありそうです。南岸のテッフェなどの個体は、検証すると違いが見つかるかもしれません。北岸のヴァゾレリー~ジャリイナ群と同様にバーが途切れる連中もいます。グランデ・オガワは、少なくとも2つの個体群を知っていますね。一つは、タパジョース河の中流部に生息しピニーマに類縁で、黒いバーがやや途切れた一群です。

pi-71.jpg
タパジョース河の中流部のジャイアント・ピーコックバス

もう一つは、マデイラ河の支流ルーズベルト川に生息します。前者に似ていますが、最初のバーの真ん中の斑紋の形が異なっています。

pi-72.jpg
ルーズベルト川のジャイアント・ピーコックバス

以上の2群の外にも、新種の可能性のあるテメンシス~ピニーマ系統がいるでしょう。アマゾン最下流部にある北岸のアラグァリ川のピニーマとされるものは、やはり未記載種の可能性がある気がします。
スポンサーサイト

本種もグループ入りが明確でない種です。

pi-63.jpg

バタフライ・ピーコックバス(シクラ・オリノセンシス Cichla orinocensis)

pi-64.jpg
シクラ・オリノセンシスの色彩パターン

種のIDキー

1. 背部の黒いバーは、3つで、棒状でなく眼球状である。
2. 胸ビレ後部の腹側部に、側線と並行した方向に延びる雲状の黒斑がない。
3. ノン・スポーニング・フェーズ(白いスポット)は、明確でない。

オリノセンシスは、19世紀最強の探検博物学者フンボルトによって、テメンシスと同時に1821年に記載されました。インテルメディア同様に、学者さんはイエロー系・グループに近縁とされていますが、これも胸ビレ後部に雲状の黒斑がありません。同様にイエロー系のニグロマクラータやモノクルスと分布地が重なりますから、やはり別系統とグランデ・オガワは考えています。
この種の最大の特徴は、IDキーの1.。たいへん安定した形質を持ち、色彩バリエーションは強くありません。本種は、しばしばオセラリスやモノクルスと混同されていますね。
天然分布は、ネグロ河からカシキアレ水路、オリノコ川の中上流部。最大サイズで4キロを超えるくらいでしょう。ブラジルでは、ツクナレ・ボルボレッタ(蝶)と呼ばれ、英語圏ではバタフライバスとも呼ばれます。

pi-65.jpg
ネグロ河支流、ブランコ川水系、イタパラ川のバタフライ・ピーコックバス。

pi-66.jpg
バタフライ・ピーコックバスの産卵床。ゆるい流れのカーブの浅瀬にあった。

pi-67.jpg
小枝にびっしりと産みつけられたバタフライ・ピーコックバスの卵

その20・・・インテルメディア

pi-60.jpg

ここからグループ入りが明確でない種たちに入ります。とりあえず2種を含くめています。今回はロイヤル・ピーコックバス(インテルメディア・ピーコックバス)。

ロイヤル・ピーコックバス(シクラ・インテルメディア Cichla intermedia )

pi-61.jpg

シクラ・インテルメディアの色彩パターン

IDキー
1. 背部の黒いバーは、7本ほどで、真ん中部分が濃い。
2. 胸ビレ後部の腹側部に、側線と並行した方向に延びる雲状の黒斑がない。
3. エラ蓋後方から尾柄にかけて、体側の真ん中に直線的に、ほぼ連続する黒い斑紋列がある。
4. ノン・スポーニング・フェーズ(白いスポット)はある。
5. 成熟した個体は、黄色みを帯びる。


インテルメディアは、1971年に記載されました。学者さんは、イエロー系・グループに近縁としていますが、胸ビレ後部に雲状の黒斑がないこと。さらにツクナレ・アマレーラ系のニグロマクラータと分布地が重なるところから、別系統だろうとグランデ・オガワは考えています。
最大の特徴は、IDキーの3.、すなわちストライプ状になった斑紋です。安定した形質を持ち、色彩バリエーションは強くありません。
天然分布は、カシキアレ水路からオリノコ川の中上流部である。ネグロ河には、いないと思われます。急流の岩場に好んで居つきます。最大サイズは、3キロくらいでしょう。現地のオリノコ河では、ロイヤル・パヴォンと呼んでいます。
pi-62.jpg

その19・・・ミリアナエ

今回は、ハイランド系のタパジョース・ピーコックバス(ミリアナエ・ピーコックバス)。

pi-56.jpg

タパジョース・ピーコックバス(シクラ・ミリアナエ Cichla mirianae)


pi-57.jpg
シクラ・ミリアナエの色彩パターン

種のIDキー

1. 背部の黒いバーは、3本で、真ん中部分が濃い。
2. エラ蓋後方から尾柄にかけて、体側の真ん中に直線的に、ほぼ連続する黒い斑紋列がある。
3. ノン・スポーニング・フェーズ(白いスポット)は、それほど明瞭でない。
4. 成熟した個体は、黄色みを帯びる。

ミリアナエは、2006年に記載されました。重要なIDキーは、2.で、この点だけを取れば、オリノコ河のシクラ・インテルメディア(後述)に雰囲気が似ています。
天然分布は、タパジョース河の上流の支流テレス・ピレス川とジュルエナ川です。流水にもいるし、プールにもいます。成熟した成魚は、黄色みを帯びます。グランデ・オガワは、ジュルエナ川支流のアリノス川水系などで釣ったことがあります。最大サイズは、5キロくらいでしょう。

pi-58.jpg
3キロを超える♂のタパジョース・ピーコックバス。止水の大型は黄色みが強い。

pi-59.jpg
美しい湧水地を泳ぐタパジョース・ピーコックバス。

その18・・・メラニナエ

ハイランド系ピーコックバスのシングー・ピーコックバス(メラニナエ・ピーコックバス)です。

pi-52.jpg

シングー・ピーコックバス(シクラ・メラニナエ Cichla melaniae)

pi-53.jpg
シクラ・メラニナエの色彩パターン

種のIDキー

1. 背部の3本の黒いバーは、たいへん薄色で細い。
2. 3本のバーの間に、1~2本のより短いバーが入り、合計7本~8本になる個体もいる。
3. 体側全体に細かい黒斑点が入る。
4. ノン・スポーニング・フェーズ(白いスポット)は、かなり明瞭である。
5. 成熟した個体は、黄色みを帯びる。

メラニナエは、2006年に記載されました。重要なIDキーは、3.です。天然分布は、シングー河のアルタミタ付近の最後の瀑布より上流~支流イリリ川など。環境は、岩場が卓越する急流で、流水にもいますし、プールにもいます。成熟した成魚は、黄色みを帯びる。グランデ・オガワは、数多くの個体を釣っています。最大サイズは、5キロくらいでしょう。急流でヒットすると素晴らしいファイトです。

pi-54.jpg
シングー・ピーコックバスの4キロ級。イリリ川付近のシングー河のもの。

pi-55.jpg
シングー・ピーコックバスでは、スポット・タイプの出現率がかなり高い。

その17・・・ピキティー

イエロー系とジャイアント系の各種が終わりました。
ここからハイランド系ピーコックバスです。これらの種類は、ブラジル高原にからむ地域に生息しています。3種類が記載されていますが、まずはブルー・ピーコックバスから。

pi-47.jpg

ブルー・ピーコックバス(シクラ・ピキティー Cichla piquiti)


pi-48.jpg
シクラ・ピキティーの色彩パターン

種のIDキー
1. 背部の黒いバーは、基本的に5本で、やや色が薄めだが明瞭。
2. バーは、板状で、途中で途切れることなく、背中から腹部まで伸びる。
3. 眼球の後ろの黒点の数が、たいへん少ない。
4. 体側全体に、黒い斑紋は入らない。
5. 胸ビレを除いた全てのヒレは、成魚のなると、美しいエレクトリック・ブルーに染まる。
6. ノン・スポーニング・フェーズ(白スポット)は、現れるが、率はそれほど高くない。
7. 湖沼で成熟した個体は、黄色みを帯びる。

ピキティーは、ブラジルでツクナレ・アズール(青いツクナレ)と呼ばれ、古くからアングラーによく知られていた種ですが、2006年にやっと記載されました。天然分布は、シクラ・ケルベリー(前述)と共にアラグァイア・トカンチンス水系の特産。非常に安定した形質を持ち、色彩のバリエーションは強くありません。ツクルイ・ダム湖などのリザーバーでは、黄色みを帯びて大型化しています。
サン・フランシスコ河やパラナ河(ラプラタ水系)に古くから移入され、盛んに繁殖しています。大型のリザーバーに移入された群は、天然分布地ものより巨大化することがあって、ゴイアスとミナスの州境のパラナパネマ河(パラナ河水系)のイトゥンビアーラ湖などでは、7キロに近いものが釣れています。グランデ河(パラナ河水系)にも数が多く、サンパウロの釣り人を喜ばせています。有名なイグアスー(インディオのトゥッピ語で「巨大な水」という意味)の滝に近いイタイプー・ダム湖(パラナ河)にも少なくありません。
パンタナル地方(ラプラタ水系)のピキリ河(クイアバ河支流)で繁殖している一群は、牧場の池から逃げたもので、例外的に5番目(一番後ろ)の黒いバー上に、小さなスポットがあります。

pi-49.jpg
天然分布域のアラグァイア河、支流クリスタリーノ川のブルー・ピーコックバス

pi-49a.jpg
天然分布域のトカンチンス河、ツクルイ・ダム湖のブルー・ピーコックバス、黄色い湖沼タイプ

pi-50.jpg
意外と少ないブルー・ピーコックバスのノン・スポーニング・フェーズの個体。

pi-51.jpg
パンタナル、ピキリ川に移住したブルー・ピーコックバスには、ボディに小さな黒斑点がある。

その16・・・ピニーマ

今回は、ジャイアンント・ピーコックバス系のピニーマです。

pi-43b.jpg
ピニーマの若魚(パッカ型)

ピニーマ・ピーコックバス(シクラ・ピニーマ Cichla pinima)


pi-44.jpg
シクラ・ピニーマの色彩パターン

種のIDキー

1. 背部の3本の黒いバーは、わずかに途切れる。
2. バーは、テメンシスよりも太い。
3. 始めの(頭に近い)バーは、真ん中辺りで特に太くなる。
4. 成魚では、バーの上部は、しばしば(眼状斑と同じような)明るい縁取りに囲まれるが、一番後ろのバーの背側は、必ず眼球状斑になる。
5. 眼球の後ろの黒斑は、雲状でなく斑点状で、数も多くない。

ピニーマは、2006年に記載されました。IDキーの1.は、テメンシスに似た傾向です。ヴァゾレリー、ティロルスやジャリイナは、アマゾン河の北岸、すなわちギアナ高地から流れる河川にいるツクナレ・アスー系ですが、ピニーマの天然分布は、アマゾン南岸だけです。タパジョース河の下流(イタイトゥーバの上手のサン・ルイスの急流より下流)、クルア・ウナ川、シングー河下流(アルタミラ付近の瀑布よりも下流)、タパジョース河の下流部(ツクルイ・ダム湖付近より下流)、グァマ川やカッピン川などに分布するとされています。アマゾン北岸アマパ州のアラグァリ川のものもピニーマとされることがありますが、IDキーの3.の特徴が弱いので、グランデ・オガワは認めません。
ヴァゾレリー、ティロルスやジャリイナは成魚になると、体高が増しデップリした体型になりますが、ピニーマは、よりスレンダーです。最大で8キロくらいです。

pi-45.jpg
タパジョース河下流のピニーマのアスー型。下は、若魚。

pi-46.jpg
タパジョース河下流のピニーマのパッカ型。

その15・・・ティロルスとジャリイナ

今回は、ジャイアンント・ピーコックバス系のティロルスとジャリイナの2種類です。

ティロルス・ジャイアント(シクラ・ティロルス Cichla thyrorus)

PI-39b.jpg
シクラ・ティロルスの色彩パターン

種のIDキー
1. 背部の3本の黒いバーは、斑紋状に途切れる。
2. 成魚では、バーの斑紋は、しばしば(眼状斑と同じような)明るい縁取りに囲まれる。
3. 眼球の後ろの雲状の黒斑は、テメンシスほど大きくない。
4. ヴァゾレリーよりも側線鱗数が少ない。

PI-40b.jpg

ティロルスは、2006年に記載されました。側線鱗数の違いの外は、ヴァゾレリーと同じような魚です。
天然分布は、アマゾン北岸のトロンベッタ川の中流部より上流。カショエイラ・ポルテイロという滝を境にして、ヴァゾレリーと棲み分けています。

ジャリイナ・ジャイアント(シクラ・ジャリイナ Cichla thyrorus)

PI-41b.jpg
シクラ・ジャリイナの色彩パターン

種のIDキー
1. 背部の3本の黒いバーは、斑紋状に途切れる。
2. 途切れたバーは、ヴァゾレリーやティロルスよりも大柄である。
3. 成魚では、バーの斑紋は、しばしば(眼状斑と同じような)明るい縁取りに囲まれる。
4. 眼球の後ろの黒斑は、少なめでスポット的。


PI-42b.jpg

ジャリイナは、2006年に記載されました。天然分布は、アマゾン北岸のパラ州とアマパ州の境を流れるジャリ川の中流部。バーの斑紋が大きくなっただけで、明らかにヴァゾレリーと濃い関係にあると思われます。

その14・・・ヴァゾレリー

今回は、ジャイアンント・ピーコックバス系のヴァゾレリーです。

ヴァゾレリー・ピーコックバス(シクラ・ヴァゾレリー Cichla vazzoleri)

PI-38.jpg
シクラ・ヴァゾレリーの色彩パターン

種のIDキー
1. 背部の3本の黒いバーは、斑紋状に途切れる。
2. 成魚では、バーの斑紋は、しばしば(眼状斑と同じような)明るい縁取りに囲まれる。
3. 眼球の後ろの雲状の黒斑は、テメンシスほど大きくない。
4. ティロルスよりも側線鱗数が多い。

ヴァゾレリーは、2006年に記載されました。テメンシスのように3本のバーが棒状でなく、途切れるところに特徴があります。この種によく似た種類に、ティロルス、ジャリイナ、その他(後述)がいますね。
天然分布は、アマゾン北岸で、西端がウァトマン川の中流部(バルビーナ・ダム湖)より上流。ニャムンダ川を経て、東端は、トロンベッタ川の下流部とされています。
グランデ・オガワは、バルビーナ・ダム湖やニャムンダ川で何百も釣っています。バルビーナ・ダム湖で始めて出会ったときは、テメンシスがダムで特化したのかな? と思いましたが、ニャムンダ川で同じタイプを釣って別種と気がつきました。テメンシスより、やや小型です。最大サイズは、バルビーナ・ダム湖で5キロ、ニャムンダ川で8キロ、トロンベッタ川の下流部で10キロくらいでしょう。

PI-39.jpg
ウァトマン水系バルビーナ・ダム湖のアスー型ヴァゾレリー。

PI-40.jpg
ウァトマン水系バルビーナ・ダム湖のパッカ型ヴァゾレリー。

po-17.jpg
これは珍しいアーミー・タイプのヴァゾレリー。

PI-41.jpg
バルビーナ・ダム湖は魚影が豊富だ。5本のロッドでヴァゾレリーが5尾釣れる!


PI-42.jpg
ニャムンダ川のヴァゾレリー


PI-43.jpg
トロンベッタス川下流ののヴァゾレリー

その13・・・テメンシス

pi-33.jpg
ジャイアント・ピーコックバス類は、5種類が記載されています。今回はテメンシス種の解説です。

テメンシス・ピーコックバス(シクラ・テメンシス Cichla temensis)

pi-34.jpg
シクラ・テメンシスの色彩パターン

種のIDキー

1. 背部の3本(ごく稀に4本もある)の黒いバーは、棒状で、途切れない。
2. 眼球の後ろの雲状の黒斑は、比較的大きい。
3. 同属中で、もっとも大型に成長する。

テメンシスは、熱帯魚界においてオセラリスについで有名な学名です。本種は、黒いバーが途中で途切れないところに特徴があります。
天然分布は、コロンビアとベネズエラのオリノコ河水系。アマゾン河では、北岸にも南岸にもいます。北岸では、ブラジルのネグロ河水系。ウァトマン川の下流域。南岸では、マデイラ河の下流域。テッフェ川からも報告があります。最大で12キロ以上に成長します。おそらくピーコックバス類の最大種でしょう。

pi-35.jpg
ネグロ河本流すじにいるアスー型のテメンシス。

pi-36.jpg
ウァトマン川下流のアスー型のテメンシス。

pi-37.jpg
ウァトマン川下流のパッカ型のテメンシス。
プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。