スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラド・キャット

ドラド・キャット(Brachyplatystoma flavicans)

doura-1.jpg


ドラド・キャットは、ピライーバと同属である。学名は、ブラキプラティストマ・フラヴィカンス。体型はピライーバに類似するが、銀色に輝く肌をもっている。大物は、30キロを越えるサイズに成長するが、釣りで大物を狙うのは、なかなか難しい。

doura-2.jpg
プラチナ色の美しい魚体

本種は、アマゾン下流からかなりの上流まで分布する。河口の沖合いの汽水にも好んで進入する。しかし、下流部では、まったく産卵をしない。ブラジル国内での産卵も稀と思われる。稚魚が見られるのは、ペルー・アマゾンのイキトスより上流、あるいはペルーやボリヴィア領内のマデイラ河である。

doura-3.jpg
ペルー生まれの稚魚

汽水から下流部に多いドラド・キャットだが、その全ては3千キロも上流で生まれたもの。そして産卵のために、またまた遡上する。

doura-4.jpg
ドラド・キャット漁、頭はイルカに食われた

アマゾン全域を通じて美味しいナマズと言われている。アマゾンカワイルカも大好きで、網に掛かると他の魚に目もくれず、まっさきにドラド・キャットを食う。特に頭がお好みだ(笑)。

doura-5.jpg
昔は、こういう大物もいたらしい

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。