スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンタード

ピンタード(Pseudoplatystoma coruscans)

pinta-1.jpg


ピンタードは、タイガーシャベルノーズ系で、もっとも大きく成長するナマズ。生息地は、ラ・プラタ河とブラジルにあるサン・フランシソコ河。アマゾンとオリノコにはいない。学名は、シュードプラティストマ・コルスカンス。ピンタードとは、ポルトガル語で「色塗られた」、「模様のある」を意味する。

pinta-2.jpg
ラ・プラタ河のピンタード

最大で60キロを超えると言われるが、現在では40キロあれば超大型。昔は巨大なのがいたらしい。

pinta-3.jpg

pinta-3a.jpg
大物のピンタード

日中は河の底に潜んでいるが、夕方に浅場にきてエサを食う。ときどきルアーでも釣れる。これは、タイガーシャベルノーズ系共通の特徴だ。

pinta-4.jpg
ピキリ川のピンタード(20キロ)

オレがルアーで釣った大物は、ピラルクに次いでピンタード。ピキリ川の10月、20キロあった。ルアーはフローティング・ミノー。

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。