スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラルク

ピラルク(Arapima gigas)

piraru-1.jpg

アロワナと同ファミリーのオステオグロッサム類。一属一種。しばしばアマゾン最大の淡水魚と呼ばれるが、ナマズのピライーバにやや劣ると思われる。全長は2メートル半、体重は200キロになる。有史以前は、おそらく3メートルがいたであろう。昔の本では、5メートルとか7メートルと記述されていたが、読者を驚かすための誇張である(笑)。ウロコは大きくて硬い。名前の由来は、先住民トゥッピ語幹のピラ(魚)+ウルクー(ベニノキの染料)で、赤いウロコの特徴を表している。学名のアラパイマは、ガイアナ地方の先住民の呼び名からもらった。スペイン語圏では、パイチェと呼ぶ。エラもあるが、空気呼吸も必要とする。本種は、開高健の『オーパ!』で有名になった。「ロッド&リールで釣れない幻」という伝説ができた。しかし、もちろん釣れる(笑)。オレも30尾以上を釣っている。

piraru-2.jpg
FFで釣ったピラルク

ピラルク・フィッシングが難しい理由は、個体群の減少である。1頭捕獲すれば、一家が1ヶ月食える大きさなので、漁師が盛んに狙った。塩漬けにすれば、ゼニも稼げた。そのため、アマゾン広域でレッド・データになってしまった。定期的に空気呼吸のため水面に出るので、その存在が判りやすいのも致命的だった。

piraru-3.jpg
昔のピラルク漁

しかし、近年になって政府が捕殺禁止にした地域が増えてきた。そんな場所では、少しずつ復活している。養殖も研究が進んでいる。

piraru-4.jpg
ジャンプするピラルク(ペルー・アマゾン)

フッキングしたピラルクは、テールウォークで暴れる。まれにジャンプもする。そしてメチャクチャにタフである。その秘密は、「赤蝮」を飲んでるじゃなくって(笑)、空気呼吸にある。ファイト中にも、しばしば空気を吸う。そうすると昔エイトマンがマリちゃん風タバコを吸ったように、あるいはポパイがホウレンソウ缶詰を飲んだように、体力が復活するのである。

piraru-5.jpg
アマゾン下流のピラルク

ピラルクをルアー&フライで掛けるのには、ちょっとしたテクがいる。もしも、アマゾンに古代巨大魚狙いでオレにガイドを依頼してくれる貴兄&貴女がいたら、相伝してしんぜよう。

piraru-6.jpg
ピラルク(ペルー・アマゾン)

最近ピラルクが増えてきているのが、アラグァイア河水系。ときどき2メートル近いのが釣られている。

piraru-7.jpg
ピラルク(アラグァイア)

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。