スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その25(追加)オリノセンシス

現在、FC2ブログの研究シリーズを追記している。前のアップをチェックしてたら、げげげ。「ピーコックバスの研究」に、シクラ・オリノセンシスがなぁ~い! 書くのを忘れてたんだ(笑)。てなわけで追加する。本種は、グループ入りが明確でない種に入る。学者さんは、イエロー系としているが、「胸ビレ後部の腹側部に、側線と並行した方向に延びる雲状の黒斑がない」ので、オレはそれを認めない(笑)。

シクラ・オリノセンシス(Cichla orinocensis)

orino-dez1.jpg
シクラ・オリノセンシスの色彩パターン

IDキー
1. 背部の黒いバーは、3つで、棒状でなく眼球状である。
2. 胸ビレ後部の腹側部に、側線と並行した方向に延びる雲状の黒斑がない。
3.ノン・スポーニング・フェーズ(白いスポット)は、明確でない。

orino-dez2.jpg
ネグロ河支流のオリノセンシス

オリノセンシスは、19世紀最強の探検博物学者フンボルトによって、テメンシスと同時に1821年に記載された。インテルメディア同様に、ツクナレ・アマレーラ系・グループに近縁とされているが、これも胸ビレ後部に雲状の黒斑がない。同様にツクナレ・アマレーラ系のニグロマクラータやモノクルスと分布地が重なるから、やはり別系統とグランデ・オガワは考えている。
この種の最大の特徴は、IDキーの1.である。たいへん安定した形質を持ち、色彩バリエーションは強くない。本種は、しばしばオセラリスやモノクルスと混同される。
天然分布は、ネグロ河からカシキアレ水路、オリノコ川の中上流部である。最大サイズで3キロを超えるくらいだろう。

orino-dez3.jpg
オリノセンシスの産卵床

orino-dez4.jpg
木の枝に産みつけられたオリノセンシスの卵

本種は、現地でツクナレ・ボルボレッタ(蝶々)と呼ばれ、英名はバタフライ・ピーコックバス。オレは、スリースポット・ピーコックバスと呼ぶ。

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【その25(追加)オリノセンシス】

現在、FC2ブログの研究シリーズを追記している。前のアップをチェックしてたら、げげげ。「ピーコックバスの研究」に、シクラ・オリノセンシスがなぁ~い!書くのを忘れてたんだ(笑)。てなわけで追加する。本種は、グループ入りが明確でない種に入る。学者さんは、イエ?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。