スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンタナル(2)

pa-2-01.jpg

パンタナルで出会える(可能性の高い)動物たち

ジャガー


南米で最強の猛獣といえば、もちろんジャガーです。体長1.8m、体重130kgに達します。人間くらいなら軽く一撃で倒せる実力の持ち主ですが、性格は比較的(トラやライオンに比べ)に温和(?)。好んでヒトを襲うようなことは、近年は滅多にありません。   
反対に、人間にはずいぶんと殺されてきました。南米は温暖で土地が広いので、牧畜が盛んです。ジャガーにとって、逃げもしないボケっとした子牛は、恰好の獲物になりました。美味しいし……
そんだもんで、ジャガーは、牧場主にとって憎っくき天敵となったわけです。この肉食獣は、前日に殺した獲物を夜になって戻ってきて食うという習性があります。それを待ち伏せすればライフルで簡単に倒せます。豪華な毛皮も売れます。こうしてジャガーは近年、その数を極端に減らしてしまいました。ところが……

pa-2-02.jpg
ピキリ川畔の野生ジャガー

一般のヒトが地球上でもっとも容易に野生ジャガーを観察できる場所は、グランデ・オガワがフィッシング・チームを組んでいるピキリ川の周辺に間違いないと思います。
もちろん理由があります。このピキリの近郊では、ブラジル政府が『オペラソン・オンサ』すなわち、『ジャガー・オペレーション』というのをやっています。牧場の子牛がジャガーに食われたら、その子牛の代金を政府が支払う、ってシステムです。すなわちジャガーを撃ち殺さなくても、牧場主に損害がありません。この『オペラソン・オンサ』をやっている場所では、ジャガーがかなり増えています。グランデ・オガワもすでに数回以上、ボートからピキリ川岸辺のジャガーを観てますね。このシチュエーションでは、まったく危険はありません。怖くもないです。ただの大きなネコです(笑)。

ピューマ
pa-2-03.jpg
これも大きなネコです。体長1.8m、体重100kgに達しますが、ジャガー以上に温和であることに定評があります。スリムな獣です。格好いいです。

カピバラ
pa-2-04.jpg
世界最大のネズミとして有名ですね。体重50kgを超えます。パンタナル地方には、たいへん数が多い半水生獣です。しばしば親子づれで観察されます。オシリがカワイイです。

オオカワウソ
pa-2-06.jpg
全長(頭から尾の先端)2m、体重35kgくらいのイタチに近縁の獣。昼行性。大量の魚を食います。オオカワウソが生息することは、そこが魚類の宝庫であることの証ですね。数匹くらいで群れを作ります。ウギャー、ウギャーとたいへん大きな声で叫びます。現地では、アリラーニャと呼ばれます。

クビワペッカリー
pa-2-05.jpg
一般にペッカリー(ニオイイノシシ)の仲間は、出会うのがたいへん難しい動物です。肉が美味しいので人間に狙われ、たいへん用心深くなっているからです。パンタナル地方でもピキリ地方くらい奥地になると、ノンビリしていて、観察も容易です。

ブラジルバク
pa-2-07.jpg
こいつも用心深いことに定評のある野生獣ですが、ピキリ川ではしばしば遊泳中の個体に出会えます。パイロットが用心していないと、たまにモーターボートに衝突しそうになります。

鳥類

スミレコンゴウインコ
pa-2-08.jpg
オウムやインコの仲間では、最大のトリ。希少なことでも知られ、地球上に7000羽程度しかいないと言われています。日本で密売品が1羽400万円というニュースもありました。ところが、グランデ・オガワが使うパンタナルのインフラ(ロッジ)の庭にはたくさん(何億円分も・・・)飛んでいます。このスミレコンゴウインコだけ見に行くツアーというのをブラジルの旅行エージェントがやっていますけど、結構高額です。 グランデ・オガワとドラード釣りに行けば、いくらでも見放題。お得ですよ(笑)。

トキイロコンドル
pa-2-09.jpg
開翼2メートルを超えるデカいコンドルの仲間です。これもけっこう稀少鳥です。パンタナルでは、ときどき観察できます。

爬虫類

パラグァイカイマン

pa-2-10.jpg
パンタナル地方にいくらでもウジャウジャいるのが、このワニ。アマゾン地方に多いメガネカイマンに似ているが、吻部がやや短くて幅広。魚食性が強く、滅多に大型動物は襲わない。最大で全長3メートルくらい。ルアーをよく追いかけて食いつく。

イエローアナコンダ
pa-2-11.gif
2種類が知られるアナコンダのうち、イエローアナコンダがパンタナルに生息いている。名前のごとく黄色っぽい。普通のアナコンダよりやや小さいが、全長数メートルくらいにはなる。8月ころのサギ類のバード・コロニア(鳥の営巣場)の下で、雛が落ちてくるのを待っていることがあります。たまに道路を横断しているのに出会います。

その他、出会える可能性のある生き物

上記に挙げなかったものを列記してみよましょう。アルマジロ類、オオアリクイ、コアリクイ、リスザルやオマキザルなどの新世界猿類、アグーチとパカ(共にテンジクネズミ類)、ヌマジカ、タテガミオオカミ、ヤブイヌなど。

★ 南米魚釣漫遊ブログに最新記事を書きました

裏庭の住人


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。