スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングー河の乾期チーム

XG01.jpg
シングー河はここ

太古の息吹が木霊する神秘の領域! 多彩なターゲットが魅了する!

XG02.jpg
タライロンをゲット

シングー河は、19世紀に至るまでほとんど文明圏の垢が染みこまなかった先住民の聖域だった。いまでも流域には多くの先住民地区がある。古来よりインディオたちは、生息する大型魚を漁獲していたが、今日ではそれらはスポーツ・アングラーのターゲットとなっている。ここの特徴は、多彩な魚種である。ルアー&フライ・ターゲットは、シングー・ピーコックバス(メラニアエ種)、牙魚カショーロ、ビックーダ、タライロン、ブラック・ピラニアなど。大型のナマズもいる。

XG03.jpg
岩場が卓越する釣り場

シングー河の減水期は、例年7月から11月ころである。この時期、太古の岩盤が岸辺に卓越する区域では、そこかしこに無数大小の岩の島が現れる。フィシングは、主にそこに上陸しての陸っぱりとなる。乾期には、ピーコックバス、ビックーダ、ピラニアなどの活性があがる。流水の変化のあるところがポイントとなる。深場からのかけあがり、大きな岩まわり、そこに複雑な流れのある場所を積極的に攻める。大きな激流の下手の渦巻く場所もよいスポットである。

XG04.jpg
大型のビックーダ

釣り場までの旅程:サンパウロなどの国際線の到着する空港からアマゾン河口のベレン市まで国内線で飛ぶ。ベレンから国内航空でシングー河畔のアルタミラまで飛ぶ。アルタミラから船外機ボートで遡上して釣り場に到着する。

XG05.jpg
キャンプ風景

インフラ:基本的にシングー河畔の砂浜にキャンプを設営しての野営。テントはコールマン熱帯仕様の二人用を一人で使用する。内部には、エマ・マットレスを敷く。フライ・シートつきだから、急なスコールにも対応できる。メッシュ壁つきのタープも用意している。シングー河畔は、一般に蚊が多い。タープの中に入って蚊取り線香をたけば、吸血虫は気にならない。食事は自炊となる。その用意は、主にグランデ・オガワが担当する。調理もタープ内で行う。夜間のタープでの食事中に岸辺にナマズぶっこみを行うことも可能。

XG06.jpg
シングー・ピーコックバス

募集シーズン:6月~11月

XG07.jpg
シングー・ピーコックバス


モデル・スケジュール(全行程10日間、キャンプ4泊、フィシング約4日間)

初日:日本発
2日目:サンパウロ着、サンパウロ⇒ベレン⇒アルタミラ、アルタミラのホテル泊
3日目:早朝アルタミラ桟橋からボートに乗船しシングー河を遡る。支流イリリ川合流点付近にキャンプ地を設営。午後フィシング、キャンプ泊
4日目:終日フィシング、キャンプ泊
5日目:終日フィシング、キャンプ泊
6日目:終日フィシング、キャンプ泊
7日目:午前中フィシング、ボートでアルタミラ戻り、アルタミラのホテル泊
8日目:アルタミラ⇒ベレン⇒サンパウロ、サンパウロ発
9日目:機中
10日目:日本着

XG08.jpg
カマリ・ピラニア

チーム参加費:

隊員1名の場合・・・ご相談ください 
隊員2名の場合・・・ご相談ください
隊員3名の場合・・・お一人US$2500.00見当
隊員4名の場合・・・お一人US$2200.00見当


●参加費に含まれるもの:アルタミラ着からアルタミラ発までの宿泊、食事、交通など。グランデ・オガワの鳥獣虫魚のウンチクつき。

●参加費に含まれないもの:ブラジル観光ビザ経費、アルタミラまでの航空チケット、飲み物、洗濯などの個人経費。

XG09.jpg
激流から抜いたペッシ・カショーロ

備考:釣り日数は、参加隊員のご希望によって調整が可能ですので、お問い合わせください。希望があった場合、日数を増やしてベレン市の観光も可能です。

XG10.jpg
ペッシ・カショーロのファイト

持ってきたほうが良い備品:簡単な雨具(カッパ)、帽子、日焼け止め、常備薬など。
必要なタックル:メールでお問い合わせください。

参加希望&問い合わせ:【迷惑メール対策のため、@を★にしてあります】
grogbr2008★yahoo.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。