スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクルイ湖・チーム

01_201312310407321da.jpg
ツクルイ・ダム湖はここ

交通至便なマラバをベースに釣り三昧! 巨大なリザーバーのツクルイ!

ツクルイ・ダム湖は、トカンチンス河に建造されたアマゾン流域最大のリザーバーである。湖水面積は、琵琶湖の3倍半もあり、たいへんに広大だ。生息する魚種は、アスー系ピーコックバス(シクラ・ピニーマ)、ブルー・ピーコックバス(シクラ・ピキティ)、イエロー・ピーコックバス(シクラ・ケルベリー)の3種類。ピニーマ種は、数キロに成長する。レッド・コロソマ、シルバー・アロワナ、ブラック・ピラニアなども掛かる。大型ナマズのポイントもある。

02_20131231204829259.jpg
ツクルイ・ダム湖のピニーマ・ピーコックバス

ツクルイ・チームは、トカンチンス河のインレット上手の街であるマラバ市が基点となる。ここから下ってツクルイ・ダム湖に入る。岸辺はストラクチャーが多く、ポイントをタイトに攻めていく。流れのあるところでは、カショーロも狙える。

06_201312312048262d6.jpg
湖の釣り場はこんな感じ

釣り場までの旅程:サンパウロなどの国際線の到着する空港からマラバまで国内線で飛ぶ。マラバから船外機ボートで移動して釣り場に到着する。

07_20131231204825a64.jpg
ピーコックバス

インフラ:ツクルイ湖畔にキャンプを設営しての野営。

募集シーズン:5月~10月

04_20131231204827afc.jpg
数キロ級はいる

モデル・スケジュール(全行程10日間、ホテル2泊、キャンプ4泊、フィシング約5日間)

初日:日本発
2日目:サンパウロ着、サンパウロ⇒マラバ、マラバのホテル泊
3日目:早朝マラバからボートに乗船しトカンチンス河を下る。ツクルイ・ダム湖畔にキャンプ地を設営。午後フィシング、キャンプ泊
4日目:終日フィシング、キャンプ泊
5日目:終日フィシング、キャンプ泊
6日目:終日フィシング、キャンプ泊
7日目:午前中フィシング、ボートでマラバ戻り、マラバのホテル泊
8日目:マラバ⇒サンパウロ、サンパウロ発
9日目:機中
10日目:日本着

チーム参加費:お問い合わせください

11.jpg
レッド・コロソマもいる

備考:釣り日数は、参加隊員のご希望によって調整が可能ですので、お問い合わせください。

08_201312312052185e5.jpg
ツクルイ湖では、毎年釣り大会が開かれる

持ってきたほうが良い備品:簡単な雨具(カッパ)、帽子、日焼け止め、常備薬など。
必要なタックル:メールでお問い合わせください。

参加希望&問い合わせ:【迷惑メール対策のため、@を★にしてあります】
grogbr2008★yahoo.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。