スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーランブラウン&スチールヘッド・チーム

01_20131231033830d37.jpg
サンタ・クルスはここ

シーランブラウン&スチールヘッド! 南米南端の大物フィシング!

02_201312310338292a9.jpg
素晴らしい魚体のシーランブラウン

サンタ・クルス地方は、アルゼンチン南端に近い大西洋側にある。パタゴニアと呼ばれる寒冷地で、今から100年ほど昔に北半球から移植されたトラウト類やサーモン類が定着し、世界のアングラーの楽園となった。ここの白眉は、2つある。まずブラウン・トラウトの降海型であるシーラン・ブラウン(シートラウト)、それにレインボー・トラウトの降海型であるスチールヘッド・トラウトだ。特に日本のトラウト・ハンターには、極東の島国には遡上しないこの2種は夢であろう。もちろんサイズも半端ではない。

03_20131231033829ee8.jpg
釣りの風景

シーラン・ブラウンは、サンタ・クルス地方の南部にあるガジェゴ川で、スチールヘッドは、中央部にあるサンタ・クルス河がポイントである。メソッドは、ルアー&フライ・フィシング。もちろん陸封タイプのトラウトもたくさんいる。種類はレインボー、ブラウン、ブルック。そして在来種であるペルカ(パーチの仲間)もルアー&フライを追う。

04_20131231033828b00.jpg
シーランブラウン

釣り場までの旅程:アルゼンチン首都ブエノサイレスに入る。サンタ・クルス地方のリオ・ガジェゴまで国内便で飛ぶ。現地では、車両使用で移動する。

05_2013123103382703c.jpg
大型のシーランブラウン

インフラ:快適なカバニャン(ロッジ)に宿泊。フィシングは、基本的に陸っぱり。

06_20131231033949246.jpg
陸封型のブラウンも大きい

募集シーズン:2月~4月


07_201312310339486e0.jpg
このような渓流もある


モデル・スケジュール(全行程9日間、ロッジ5泊、フィシング約4日間)
初日:日本発
2日目:ブエノサイレス着、ブエノサイレス⇒リオ・ガジェゴ、ロッジ泊
3日目:ガジェゴ川でシーランブラウン・フィシング、ロッジ泊
4日目:ガジェゴ川でシーランブラウン・フィシング、ロッジ泊
5日目:サンタ・クルス川でスチールヘッド・フィシング、ロッジ泊
6日目:サンタ・クルス川でスチールヘッド・フィシング、ロッジ泊
7日目: リオ・ガジェゴ⇒ブエノサイレス、 ブエノサイレス発
8日目:機中
9日目:日本着

08_20131231033947dcd.jpg
スチールヘッド

チーム参加費:メールでご相談ください。

参加費に含まれるもの:リオ・ガジェゴ着からリオ・ガジェゴ 発までの宿泊、食事、交通、セスナ費など。グランデ・オガワの鳥獣虫魚のウンチクつき。

参加費に含まれないもの:リオ・ガジェゴ までの航空チケット、飲み物、洗濯などの個人経費。

09_20131231033946761.jpg
美しいスチール

備考:釣り日数は、参加隊員のご希望によって調整が可能ですので、お問い合わせください。希望があった場合、日数を増やしてブエノスアイレス市(タンゴ・ショーがお勧め)、リオ・ガジェゴ市などの観光も可能です。

10_20131231033945f35.jpg
大きなスチールヘッド

持ってきたほうが良い備品:充分な防寒具。ウェーダー。簡単な雨具(カッパ)、帽子、常備薬など。
必要なタックル:メールでお問い合わせください。

参加希望&問い合わせ:【迷惑メール対策のため、@を★にしてあります】
grogbr2008★yahoo.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。