スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロンベッタス川チーム


01_2013123102354478e.jpg
トロンベッタス川はここ

大型ピーコックバスとカショーロ、タライロンが狙えるアマゾンの桃源郷!

02.jpg
トロンベッタス川のピーコックバスは、かなり大きい

トロンベッタス川は、アマゾン北岸に位置する中型河川である。源流部は、ブラジル、ガイアナとスリナム国境方面にあり原始の息吹が支配する秘境だ。アマゾン北支流の特徴として、強くはないがブラックウォーターを程している。このチームは、ポルト・トロンベッタスというボーキサイト採掘で発展した都市を経由してボートで奥に進みキャンプをベースにしたフィシングである。

03.jpg
いろいろなシチュエーションのポイントがある

ここはフィッシュ・イーターの種類が豊富だ。まずピーコックバス。主にシクラ・ヴァゾレリーという種類で、大型が多い。本種は8キロ近くまでのサイズになる。さらに大型のペッシ・カショーロ、タライロンもいる。釣り場のシチュエーションは、ラーゴ(湖沼)あり、流れの河川ありと多彩である。

04.jpg
トロンベッタス川のタライロン

釣り場までの旅程:サンパウロなどの国際線の到着する空港からサンタレン市まで国内線で飛ぶ。サンタレンから国内航空でトロンベッタス川畔のポルト・トロンベッタスまで飛ぶ。ポルト・トロンベッタスから船外機ボートで遡上、車両移動でキャンプ場に到着する。

05.jpg
ピーコックバスの数は多い

インフラ:トロンベッタス川畔にキャンプを設営しての野営。

06.jpg
ピーコックバスは、ヴァゾレリーという種だ

募集シーズン:5月~12月

07.jpg
急流もある

モデル・スケジュール(全行程10日間、キャンプ4泊、ホテル2泊、フィシング約4日間)

初日:日本発
2日目:サンパウロ着、サンパウロ⇒サンタレン、サンタレン⇒ポルト・トロンベッタス、ホテル泊
3日目:早朝ポルト・トロンベッタス 桟橋からボートに乗船しトロンベッタス川を遡る(約4時間)。カショエイラ・デ・ポルテイロからトラックで設営してあるキャンプ地へ(約1時間半)。午後フィシング、キャンプ泊
4日目:終日フィシング、キャンプ泊
5日目:終日フィシング、キャンプ泊
6日目:終日フィシング、キャンプ泊
7日目:午前中フィシング、キャンプからカショエイラ・ポルテイラ⇒ポルト・トロンベッタス、ポルト・トロンベッタス ⇒サンタレン、ホテル泊
8日目:サンタレン⇒サンパウロ、サンパウロ発
9日目:機中
10日目:日本着

08.jpg
水路でボートを押してラーゴ(湖沼)に入る

チーム参加費:

隊員1名の場合・・・ご相談ください
隊員2名の場合・・・ご相談ください
隊員3名の場合・・・お一人US$3000.00見当
隊員4名の場合・・・お一人US$2800.00見当
隊員5名の場合・・・お一人US$2600.00見当


●参加費に含まれるもの:サンタレン着からサンタレン発までの宿泊、食事、交通、セスナ費など。グランデ・オガワの鳥獣虫魚のウンチクつき。

●参加費に含まれないもの:ブラジル観光ビザ経費、ポルト・トロンベッタスまでの航空チケット、飲み物、洗濯などの個人経費。

09.jpg
大型ナマズの数も多い

備考:釣り日数は、参加隊員のご希望によって調整が可能ですので、お問い合わせください。希望があった場合、日数を増やしてサンタレン市の観光も可能です。

10.jpg
タライロンの爆発

持ってきたほうが良い備品:簡単な雨具(カッパ)、帽子、日焼け止め、常備薬など。
必要なタックル:メールでお問い合わせください。

参加希望&問い合わせ:【迷惑メール対策のため、@を★にしてあります】
grogbr2008★yahoo.co.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。