スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングー河の釣り猛魚たち

流域には多種多様な魚類が生息しているが、ここでは釣りの対象となる猛魚を紹介する。

●シングーの釣魚については、下のブログで最新ニュースを載せています。
南米・鳥獣虫魚・探遊

カラシン類
シングー河のカラシン牙魚3傑は、ペッシ・カショーロ、タライロン、ビックーダである。

fcftx-30.jpg
ペッシ・カショーロ

スゴい牙がカッコウいい河のサーベル・タイガー。15キロ級が生息する。

fcftx-31.jpg
タライロン

淡水シーラカンスの異名をもつ怪魚。10キロ以上がいる。

fcftx-32.jpg
ビックーダ

たいへん泳ぐスピードが速い、槍の穂先。ジャンプの名人。数キロ級が狙える。

その他のカラシン猛魚

fcftx-33.jpg
シルバー・ドラド

スピード&パワーのある猛烈ファイター。現地名マトリンシャン。

fcftx-34.jpg
ジャンピング・パクー(アクノドン)

この扁平な身体でジャンプする。現地名パクー・クルピテ。

fcftx-35.jpg
シングー・ブラック・ピラニア

数が多いので、よく釣れる。現地名ピラーニャ・プレータ。

シクリッド類
世界のアングラーの憧れピーコックバスは、2種類以上が生息する。

fcftx-36.jpg
シングー・ピーコックバス(シクラ・メラニアエ)

シングー中流に数が多いピーコックバスの一種。5キロ級まで成長する。

fcftx-37.jpg
ピニーマ・ピーコックバス(シクラ・ピニーマ)

シングー下流に生息するピーコックバスの一種。8キロ級まで成長する。

ナマズ類
大型のナマズ類は雨期のほうが釣りやすい。

fcftx-38.jpg
レッドテールキャット

シングー河には、多くのレッドテールキャットが生息している。最大で50キロ級。

fcftx-39.jpg
ピライーバ

数は多くないが、100キロ級になる怪物。

fcftx-40.jpg
ジャウー
数は多くないが、50キロ級になる。

fcftx-41.jpg
タイガーシャベル

比較的数が多い。


この他にも何種類かのナマズが釣れる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。