スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウァトマン川

ウァトマン川のフィッシング

ウァトマン川は、アマゾン本流の北岸にある支流。水質はブラック・ウォーター。ブラジル北部アマゾナス州の州都マナウスに近い。中流に巨大なリザーバーのバルビーナス湖があるが、釣り場は、その下流。

ftuat-01.jpg
ウァトマン川の夕日

ウァトマン川に生息するピーコックバスは、シクラ・テメンシスという種類である。側面にある3つの黒斑が棒状という特徴を持っている。大きさは、ナナマル・アップでハチマル以上に成長できる。重さは最大で10キロくらい。ブラック・ピラニアの数も多い。シルバー・アロワナもいる。

ftuat-03.jpg
ウァトマン川のテメンシス・ピーコックバス

同川は、比較的至近距離にある大型ピーコックバス釣り場である。釣りシーズンは、9月~11月がベスト。

マナウスからバルビーナスの街まで陸路で約200キロ。街のホテルに宿泊してから、ウァトマン川に陸路で行き(約3時間)、そこから下流に下って砂浜でキャンプを張る。キャンプの魅力は、朝起きたら、釣り場が目の前にあること。釣りは船外機つきボートからとなる。基本的に1艘2名でキャスティングする。

ftuat-06.jpg
ウァトマン川のピラニア

ftuat-04.jpg
ウァトマン川のアロワナ

ftuat-05.jpg
ウァトマン川のアッパッパー(淡水ニシン)

ftuat-07.jpg
ウァトマン川の岸辺

タックルは、ハードなバス・タックルが基本。ラインは、50ポンドPE以上。ナイロンのショック・リーダー使用。ルアーは、中~大型のミノー、トップ・ウォーターなど。スピナベが有効なこともある。

ウァトマン川流域には、刺す虫がほとんどいない。キャンプでも快適な夜を過ごせる。

ftuat-08.jpg
ウァトマン川の景観

ウァトマン川・釣りチームは、こちら
ウァトマン・チーム

★釣りチーム・TOP


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。