スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピキリ川

ピキリ川のフィッシング

ピキリ川は、ブラジル南西部マット・グロッソ州と南マット・グロッソ州の州境付近にあるクイアバ河の支流である。川幅は、数十メートル前後。水系はラ・プラタ河で、アマゾンではない。この付近はパンタナルと呼ばれる広大な湿地帯(日本の本州ほどの広さ)が広がっている。

ftpiqi-02.jpg
ピキリ川の夕日

ftpiqi-11.jpg
ドラードの炸裂

ピキリ川には、世界のアングラーが憧れる黄金の河の虎ドラードが生息している。体型はサーモン型だが、カラシン類に分類される猛魚だ。金色に輝くウロコが美しく、そして猛烈なジャンプを繰り返して釣り人を魅了する。ドラードは、20キロ以上に成長できる魚だが、ピキリ川の平均サイズは、数キロくらい。10キロ級もいる。

ftpiqi-03.jpg
ピキリ川のドラード

同河川には、ドラードの他にもいろいろなフィッシュ・イーターがいる。流域の最大魚ピンタード(ナマズの一種)もたまにルアーで釣れる。

ftpiqi-04.jpg
ルアーで釣れたピキリ川のピンタード(10月)

またアマゾン水系原産のブルー・ピーコックバスも定着していて、ワンドなどに数が多い。

ftpiqi-06.jpg
ピキリ川のピーコックバス

その他、ジャイアント・イエロー・ピラニア、パクー(イエロー・コロソマ)、ピラプタンガ、カショーロ・ファッコンなどがルアーを襲う。

ftpiqi-05.jpg
ジャイアント・イエロー・ピラニア

ftpiqi-07.jpg
パクー(イエロー・コロソマ)

ftpiqi-08.jpg
カショーロ・ファッコン

ピキリ川地域で特筆できるのが、野生動物の種類と数だ。カピヴァラとカイマンワニはたくさんいる。オオカワウソ、ペッカリー(イノシシの一種)、バク、サワジカなどに会うのは珍しくない。運がよければ、ジャガー、ピューマも観察できる。アナコンダもいる。鳥類では、珍鳥スミレコンゴウインコが多く、トキイロコンドルもたまに見れる。

ftpiqi-15.jpg
パンタナルのカイマンワニの群れ

ftpiqi-13.jpg
ピキリ川のカピヴァラ

ftpiqi-17.jpg
ピキリ川付近のジャガー

ftpiqi-16.jpg
川を渡るバク

ftpiqi-18.jpg
珍鳥スミレコンゴウインコ

川幅は、数十メートル前後のピキリ川に入るには、マット・グロッソ州都ク

イアバ市から陸路数時間かセスナを利用する。川畔にロッジがある。釣りは船外機つきボートからとなる。基本的に1艘2名でキャスティングする。

ftpiqi-10.jpg
ボートからのファイト

タックルは、ハードなバス・タックルが基本。ラインは、50ポンドPEくらい。ナイロンのショック・リーダー使用。ルアーは、中~大型のミノー、トップ・ウォターなど。スピナベが有効なこともある。

ピキリ川・釣りチームは、こちら
ピキリ川・チーム

★釣りチーム・TOP


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。