スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡水ニシン

アマゾンの淡水ターポン?

海から侵入して淡水化したニシンである。下流のほうでは、サルダとも呼ばれるが、一般にはアッパッパーというふざけた名前で呼ばれる。オリノコ水系にもいて、サルジナータって呼ばれている。
ラ・プラタ水系にはいない。

ap-01.jpg
アマゾンのアッパッパー

美しい黄金色に輝くため、トカンチンス・アラグァイア河流域では、ドラードとも呼ばれている。もちろん黄金の河の虎、カラシンのドラードとは別物である。

ap-02.jpg
ドラードとも呼ばれるアッパッパー(アラグァイア)

学名は、ペローナ・カステルナエアナ(Pellona castelnaeana)。幼生時期は、たいへん面白い三角形をしている。

ap-03.jpg
アッパッパーの幼生

純淡水の繁殖もしていて、アマゾンのかなり上流でも見られる。オレが観た最大級は、アマゾン低地のオビドスの個体で、ほとんど1メートルあった。ペルー国境に近いテッフェ湖の個体群もデカかった。

ap-04.jpg
美しい黄金色

なんとなくターポン(これもニシンに近縁)に雰囲気が似ているので、FF(フライ・フィッシング)マンにも人気がある。

ap-05.jpg
FFのアッパッパー

ジャンプをこなす楽しいファイターだが、アゴ部分の弱い魚で、ルアーではしばしばバレる。小骨が多いが、脂の乗った美味しい魚である。

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。