スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルビーナス湖

バルビーナス湖(Lago Balbinas)

baibinast-0.jpg

バルビーナ湖は、アマゾン河の北側にある支流であるウァトマン川に、マナウス市に電力を供給するために建造されたリザーバーである。マナウス市から陸路で、3時間ほどのバルビーナの町、あるいは湖畔のロッジがベースとなる。

baibinast-1.jpg
バルビーナス湖のヴァゾレリー・ピーコックバス

★シーズン&ターゲット

シーズンは、周年いつでも釣りが可能。ルアー&フライでのメイン・ターゲットは、ヴァゾレリー種のピーコックバスである。大型で5キロくらいと巨大ではないが、数が多いのがバルビーナス湖の魅力になっている。ほかに、ブラック・ピラニアシルバー・アロワナが狙える。とくにブラック・ピラニアは、40センチを超える大型の数が多い。

baibinast-2.jpg
ピーコックバスは数が多いので、ロッド5本で5匹が同時に釣れることもある(笑)

baibinast-3.jpg
シルバー・アロワナ

baibinast-4.jpg
ブラック・ピラニア

baibinast-5.jpg
バルビーナス湖の釣り風景

フィッシング・シーズンは、通年であり、ピーコックバスの数が多く、そしてアプローチが楽なので、アマゾン・フィッシングの入門道場的である。中~小型ピーコックバスの大きな群れのボイルに遭遇すると、5本のロッドで5尾が同時に釣れることもある。楽しい釣り場だ。

★バルビーナス湖への道程

マナウスから陸路で入る。

baibinast-6.jpg


★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」

トロンベッタス川

トロンベッタス川(Rio Trombetas)

tromb-01.jpg

トロンベッタス川は、アマゾン河の北側の中型支流である。水質は、ブラック・ウォーター。ウァトマン川やニャムンダ川よりも規模が大きい。

tromb-02.jpg
ポテト・ヘッドなトロンベッタスのピーコ(ヴァゾレリー種)は、7~8キロ級がいる!

シーズンとターゲット(魚の解説は、魚名をクリック)

乾期のフィッシング・シーズンは、7月~12月である。トロンベッタス川のピーコックバスは、シクラ・ヴァゾレリーで、大型の8キロ級が期待できる。カショエイラ・ポルテイラという急流から上流には、別種のピーコックバスのシクラ・ティロルスが生息している。この急流付近には、大型のペッシ・カショーロ、大型のタライロンも数が多い。ブラック・ピラニアもいる。

tromb-03.jpg
タライロンは数が多い

tromb-04.jpg
レッドテールキャットもいる

tromb-05.jpg
トロンベッタス川のカショーロ

tromb-06.jpg
カショエイラ・ポルテイラの急流

トロンベッタス川への道程
河畔にあるポルト・トロンベッタスの町が基点となる。ここへ入るには、マナウス、あるいはベレンからローカル便を利用する。

tromb-07.jpg


★ぶろぐ★「南米・鳥獣虫魚・探遊」>

シングー河・中流域

シングー河中流
シングー河とは

xinxing-01.jpg

A.シングー河中流のシーズン&ターゲット

例年シングー河の減水期は、7月~11月。増水期は、12月~6月である。時期による釣りターゲットは、以下のようになる。(各猛魚の解説は、魚名をクリック)

★減水期:
シングー・ピーコックバスタライロンペッシ・カショーロバイオレット・ブラック・ピラニアマトリンシャンレッドテールキャット、その他

★増水期:
大型のペッシ・カショーロ、大型のビックーダレッドテールキャットなどのナマズ類、その他

B.釣り場の環境&ターゲット

★乾季(減水期)

xinxing-02.jpg
乾季のシングー中流の釣り

シングー河中流は、水位が下がると岩場が卓越する環境となる。岩に囲まれたプールができ、急流や激流が現れる。岸辺に白砂の砂浜が現れ、陸っぱりの釣りが面白くなる。トロ場では、 シングー・ピーコックバスやタライロンのトップが楽しめる。急流や激流では、 シングー・ピーコックバス、タライロン、ビックーダ、カショーロ、バイオレット・ブラック・ピラニア、マトリンシャンがミノーやスプーン、トップを襲ってくる。深場では、レッドテールキャットなどのエサ釣りができる。

xinxing-03.jpg
シングー・ピーコックバス

xinxing-04.jpg
シングー河のタライロン

★雨季(増水期)

xinxing-05.jpg
増水期の岸辺

水位が上昇すると、ほとんど全ての岩場が水没する。岸辺は樹木の張り出しとなり、陸からの釣り場が少なくなる。この時期、激流の落ち口に大型のカショーロ、ビックーダが集まる。深場では、レッドテールキャットなどのエサ釣りができる。外道に淡水エイがエサを食う。稀にジャウー、ピライーバが釣れる。

xinxing-06.jpg
カショーロの大型は、増水期のほうが狙いやすい

xinxing-07.jpg
シングー河のレッドテールキャット

C.シングー河中流までの交通

xinxing-08.jpg


国際線の発着するサンパウロからベレン、あるいはマナウスへ国内線で飛ぶ。ベレン、あるいはマナウスからローカル便でアルタミラまで飛ぶ。アルタミラからボート、あるいは陸路で釣り場に入る。

★シングー河について、もっといろいろ詳しく知りたいかたは、こちら。

1.地理&地勢
2.その探険史
3.野生の動植物
4.インディオ&博物
5.釣り猛魚
6.シングー・タックル
7.釣りのメソッド
8.熱帯魚
9.シングー・アート
10.ベロ・モンチ・ダムについて
11.シングー河までの道程

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」

シングー河

シングー河(Rio Xingu)

xixinsa-01.jpg

シングー河は、マット・グロッソ州に源流をもち、ブラジル高原を南下するアマゾンの大型支流。大型支流のトカンチンス河とタパジョース河に挟まれた位置にある。中流部は、岩盤地帯が卓越するため、岸辺から泥の流入が少なく、乾期には水がよく澄む。全長は、約2000km。流域面積は、約531,250平方キロ。

xixinsa-02.jpg
シングー河の釣り遊び

xixinsa-03.jpg
シングー河の景観

●釣り場としてのシングー河中流はこちら

★シングー河について、もっといろいろ詳しく知りたいかたは、こちら。

1.地理&地勢
2.その探険史
3.野生の動植物
4.インディオ&博物
5.釣り猛魚
6.シングー・タックル
7.釣りのメソッド
8.熱帯魚
9.シングー・アート
10.ベロ・モンチ・ダムについて
11.シングー河までの道程

★ぶろぐ「南米・鳥獣虫魚・探遊」
プロフィール

グランデ・オガワ

Author:グランデ・オガワ
始めて当ブログをご覧になるかたは、まず記事のイントロダクションをご覧になってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。